杢匠の集成材は

◎木材を科学的に考え、方法を数値化
    木材の性質を、常に科学的に追求しています。
    木材の品質はもちろん、材に影響を与えない温度や
    含水量を全て数値化しソリ、ネジレといった狂いを大幅に
    低減しています。

    ・乾燥のための保管スペースと保存期間が不要になり、
    必要時に必要分を即、加工できます。
    ・ソリ幅を抑制することにより居室へ納めた後の
     メンテナンスも減少します。
◎厳選された突板材でコストダウンを実現
    スプルース等の突板を厳選し、四方柾に貼り合せることに
    よる天然木ならではの美しさを表現しています。
    最新鋭の設備で加工し精度の高い部材を安定生産するこ
    とによる高品質でコストダウンを可能にしました。

    ・突板は四方柾の順目のため、扱いやすく仕上がりが
    綺麗です。
    ・機械加工にてサイズを合わせるため、木取り・木削り
    の手間が全く不要です。
    ・木材の仕入れに掛ける手間と材木からとれる
     歩留りの検討もなくなります。
◎従来の特性を生かした化学物質対策
    突板の接着剤は全て低ホルムアルデヒドタイプ
    (F☆☆☆☆相当)を使用し、健康にも配慮しています。
    従来の質感を変える事なく耐久性にも優れ、水洗いする
    ことも可能です。


A shoji gives comfortable light and a comfortable
ease and directs modern art and Japanese tradition
between the sky which fused.

杢匠の障子用部材
障子部材の使用説明

集成障子の各部材は、下図のデザインに加工され1枚の障子となります。

上 桟






組子材

框 材




下 桟







障子部材の使用説明

框材
印の方向より四面共仕上げて下さい。
見付1mm見込3.5mm
 
横桟
下桟
印の方向より3面共仕上げて下さい。

上桟
下端で敷居シャクリ
天端で鴨居シャクリ






組子材
組子
印の方向より四面共仕上げて下さい。
二つ割にして使用して下さい。
割った面に紙を貼って下さい。
タテ子、横子、ツバも同じです。
 
※乾燥時に付着する単板の表面の汚れは
 仕上げの時にとれ、又 組立前の仕上げ
 は必要です。 ※雪見障子の深い方の溝
 は詰木を勧めます
 
※隅丸はムク材を使って下さい。
※特注(注文書より大きいサイズの上下桟)
 の芯材は、サイズによって他材になります。
※屋外では使用できません。
※保管は出来るだけ紫外線を避け、横積みに
 しないで下さい。色あせや反りの原因になり
 ます。